広島市西区 中華料理 桃園 閉店 なぜ?

広島 閉店

広島市西区にある中華料理 桃園が5月31日で閉店することがわかった。

長年営業しており、多くの人に愛されていた町中華だ。

閉店することで多くの人が深い悲しみに打ちひしがれている。

 

閉店理由は明記されていないが、店主の高齢などがあるのかもしれない。

最近はどんどん町中華が閉店しており、思い出の味が失われている。

ファミレスのような「どこでも同じ味」が広まっていき、本当に美味しいものが減ってしまうのではないかと筆者は危惧している。

なんとか町中華や昔ながらの食堂が営業してほしいと願うばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました